水素社会の推進を支える次世代の複合材高圧タンク開発会社を吸収合併

株式会社SPACE WALKER(東京都港区、代表取締役CEO 眞鍋顕秀、以下スペースウォーカー)は、次世代の複合材高圧タンク等の開発・製造技術を有するCoMReD株式会社(島根県江津市、代表取締役 山本睦也、以下コムリード)の吸収合併を7月13日に完了したことをお知らせします。

スペースウォーカーは、「誰もが飛行機に乗るように自由に宇宙を行き来する未来の実現」を目指し、持続可能な宇宙輸送手段を提供するため、有翼式再使用型サブオービタルスペースプレーンの研究開発を行っています。

■水素社会に向けて ~次世代の複合材高圧タンクTYPE4・TYPE5(※)の開発~
ロケット開発において、軽量化は最大の課題でり、その中でもガス・液体燃料タンクに関しては軽量で頑強な高圧容器が必要です。そのような中、宇宙と地球のデュアルユースが可能な次世代の複合材高圧タンクTYPE4・TYPE5の開発・製造のパートナーであったコムリードの吸収合併で、より強固な協力関係を構築することにより、双方が目指す宇宙開発や水素社会への貢献、そして次世代により良い形で残したい地球や宇宙の姿へ確実に貢献できると考えております。
合併日をもって、コムリードの代表取締役山本睦也(以下、プロフィール参照)が、スペースウォーカーの技術顧問に就任。そして、新たに複合材技術部を発足し、広島県呉市に拠点を新設致しました。なお、従来のコムリードの業務、お客さまとの契約等は、スペースウォーカーに全て承継されます。

※複合材高圧タンクTYPE4・TYPE5

■複合材技術顧問 山本睦也 プロフィール

2005年から複合材高圧タンクの開発を進め、NEDO共同開発事業でプロジェクトリーダーを務め、水素利用技術の研究開発として、軽量かつ頑強な複合材高圧ガスタンクの開発や、JAXA共同開発事業でもプロジェクトリーダーとして再生可能な燃料電池システム用の超高圧複合材タンク製造技術を率いる存在として活躍。経済産業省「水素燃料電池ドローンにおける高圧ガスの安全に関するガイドライン」のオブザーバーも務めた。また、TYPE5のライナーレス複合容器についても研究開発を行っている。

■技術顧問 山本睦也からのコメント
次世代の技術開発で未来を少しでも明るくしたいという思いを同じくするスペースウォーカーと、さまざまな共同プロジェクトを進めていく中で、コムリードが持つ複合材高圧タンクの開発・製造技術を宇宙規模で伝承していかなければいけないと強く思い、一つの事業体として強力な関係を構築し共に成長を加速させることで、培ってきた技術を後世のために役立てようと決意しました。どうぞよろしくお願いいたします。

■代表取締役CEO 眞鍋顕秀からのコメント
昨今、パンデミックや気候変動等、社会情勢が混沌とする中、理念を同じくするコムリードと一体となることで、専門性の高い技術力をさらに高め、地球と宇宙の持続可能性を追求した次世代へ繋げる事業をより加速・成長できる環境が整ったことに感謝いたします。すでに共同でさまざまなプロジェクトを推進しておりましたが、この合併によりさらに進化した新生スペースウォーカーを皆様にお届けできると確信しております。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。