【世界環境デー】「ECO ROCKET(エコロケット)」の発表

6月5日は【世界環境デー】
サステナブル宇宙開発宣言をした「SPACE WALKER(スペースウォーカー)」は、持続可能な宇宙のために『ECO ROCKET(エコロケット)』を発表いたします。

株式会社SPACE WALKER(東京都港区、代表取締役CEO 眞鍋顕秀、以下、スペースウォーカー)は、誰もが飛行機に乗るように自由に宇宙を往来する未来を目指し、持続可能な宇宙輸送手段を提供するために、有翼式再使用型サブオービタルスペースプレーンの研究・開発を行っています。

スペースウォーカーは、2021年「サステナブル宇宙開発宣言」を行いました。兼ねてより、持続可能な宇宙開発を考え有翼式再使用型サブオービタルスペースプレーンの研究開発を続けてまいりました。そしてより一層、経済界に関わる一員として、地球規模の環境問題に対して企業としての役割を果たすため、スペースウォーカーが考えるロケットを『ECO ROCKET(エコロケット)』と定義づけし、ここに発表いたします。

▼ECO ROCKET(エコロケット)とは

以下、大きく分けて3つの要素があります。

1.有翼再使用ロケット

スペースウォーカーの創業者兼CTOの米本は、創業前より30年以上に渡って “有翼再使用ロケット” の開発を続けてきました。このロケットは、コスト低減や高頻度打上に適しているのみならず、環境負荷が低い(海に何もモノを捨てない)という特徴があります。

2.バイオ燃料の使用

ロケットの打ち上げには、化石燃料や強い毒性のある燃料を使用するケースがあります。スペースウォーカーでは、バイオ燃料での打ち上げを可能にするため、パートナー企業と連携し牛の糞尿(排泄物)等から出るメタンを利用した燃料の開発を行っています。

3.誘導制御システム

スペースウォーカーでは、自動操縦による地球と宇宙の往還を可能とする誘導制御システムを搭載した有翼再使用ロケットを開発しています。

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社SPACE WALKER 広報担当:流郷(りゅうごう)
電話:080-6203-0109
メールアドレス:pr@space-walker.co.jp