Completed 325 million yen in pre-seed round funding

技術実証機の設計・開発・製造を加速

株式会社SPACE WALKER(本社:東京都港区、代表取締役:眞鍋顕秀、以下「SPACE WALKER」)は、2019年10月1日付プレスリリース(*1)の後、2020年2月末までの間に、新居 佳英氏(株式会社アトラエ 代表取締役CEO)、QB第一号投資事業有限責任組合、髙木 秀邦氏(株式会社髙木ビル 代表取締役社長)、有限責任事業組合ハンズイン等を引受先としたCE型新株予約権(*2)により新たに1.55億円の資金調達を実施し、プレシードラウンド総額として3.25億円の資金調達を完了したことをお知らせします。今回の資金調達により、2018年10月15日に実施したエンジェルラウンドも含め、累計調達額は5.25億円となりました。

(*1)2019年10月1日付プレスリリース
https://www.space-walker.co.jp/news/press-release/20191001.html
(*2)CE型新株予約権:コンバーチブル・エクイティ型新株予約権

1.資金調達の概要・目的
SPACE WALKERは、「誰もが飛行機に乗るように自由に宇宙へ行き来する未来の実現」を目指し、サブオービタルスペースプレーンの設計・開発、運航サービスの提供を目的に2017年12月に設立しました。
今回プレシードラウンドで調達した資金は、主にサブオービタルスペースプレーンの技術実証機であるWIRES(*3)#013、#015の設計・開発および製造に活用いたします。

(*3)WIRES
WInged REusable Sounding rocket

2.プレシードラウンドにおけるCE型新株予約権の引受先(敬称略、順不同)
<本リリースにおける新規引受先 / 1.55億円>
・新居 佳英(株式会社アトラエ 代表取締役CEO)
・QB第一号投資事業有限責任組合
・髙木 秀邦(株式会社髙木ビル 代表取締役社長)
・有限責任事業組合ハンズイン
・中野 賀通(テモナ株式会社 取締役CTO)
・加藤 彰宏(株式会社Plus10Percent 代表取締役)
・池田 大輔(イベントレジスト株式会社 取締役CTO)
・株式会社エージェントホールディングス(代表取締役 四宮 浩二)
・中野 裕哲(株式会社V-Spirits 代表取締役)
・ディー&グロースキャピタル株式会社(代表取締役 加藤 慎一郎)
・久保 惠一(一般社団法人TXアントレプレナーパートナーズ 理事)
・太田 全紀(株式会社REAM 代表取締役)

<2019年10月1日付リリース時における引受先 / 1.7億円>
・笠原 健治(株式会社ミクシィ 取締役会長)
・株式会社アイネット(代表取締役 兼 社長執行役員 坂井 満)
・ABBALabスタートアップファンド投資事業有限責任組合

3.引受先の応援メッセージ
新居 佳英氏(株式会社アトラエ 代表取締役)
人が宇宙にいけるようになる未来へのワクワク感、しかもそれを環境など様々な面を考慮し、リユース型のロケットで実現しようとしているSPACE WALKERには、大いに期待しています。単なる収益事業ということ以上に、彼らの人類に大きな価値ある挑戦を少しでも応援できることを嬉しく思います。

坂本 剛氏(QBキャピタル合同会社 代表社員)
当社は、九州の大学の技術を活用したスタートアップを中心に投資・支援しています。創業者の一人である米本教授が九州工業大学在籍時に眞鍋現社長と出会い、議論を重ね、今回出資させていただきました。また、私自身が機械工学出身ということもあり、個人的にもワクワク感が半端ないです。
日本の宇宙開発を牽引されてきた諸先輩方が、今まで培った日本の宇宙工学・技術の粋をSPACE WALKERというビークルに注入し、是非事業化を実現していただければと思っております。

髙木 秀邦氏(株式会社髙木ビル 代表取締役社長)
夢の宇宙がついに手の届くところに近づいてきている。SPACE WALKERの創るワクワクに胸おどり、そして、その想いに伴走したいと感じました。未来の日本を元気にするチャレンジを応援していきます。

中野 賀通氏(テモナ株式会社 取締役CTO)
日本自体のビジネス競争力をあげるため産業として宇宙領域は魅力に感じ投資することに決めました。SPACE WALKERのチームのように、特定領域出身者で固まるのでなく、オープンで多様性のあるチームだからこそ温故知新の精神で、工学の伝統を紡ぎつつ、次の世代への未来の橋渡しを出来ると思っております。宇宙はロマン。温かく見守っております。

四宮 浩二氏(株式会社エージェントホールディングス 代表取締役)
宇宙開発は生命の持続可能性を確保する上で、人類が取り組むべき最重要課題の一つと考えており、今回出資という形にはなりますが、その活動に参画できることを大変光栄に思っております。人類にとっての宇宙の位置付けを変えうる有人宇宙飛行という偉業を成し遂げ、世界の民間宇宙産業を牽引してくださることを心から願っております。

久保 惠一氏(一般社団法人アントレプレナーパートナーズ 理事)
日本発のロケット事業を実現してほしいと思い、応援団の一人になるため出資しました。今後の道のりは平坦ではないと思いますが、経営チームと開発チームが力を合わせて、精いっぱい努力してほしいと思います。私も微力ながらできる限りお手伝いしたいと思います。

太田 全紀氏(株式会社REAM 代表取締役)
眞鍋CEOや社員さんとお話をさせて頂き、IT黎明期を彷彿させるような、宇宙ビジネス黎明期が今であると確信しました。その中でSPACE WALKERがリードカンパニーの一つとして地位を確立していくことを期待しています。子供の頃、誰もが夢を見た宇宙への架け橋を是非実現してください。応援しています。

<本件に関する問い合わせ先>
株式会社SPACE WALKER 管理部 稲越・本間
TEL:03-6435-7359 / FAX:03-6800-3588
Mail:info@space-walker.co.jp