Next Generation CFRP Vessels 宇宙開発テクノロジーから生まれた、未来を担うタンク Next Generation CFRP Vessels 宇宙開発テクノロジーから生まれた、未来を担うタンク

高圧ガス複合材タンク 極低温液体複合材タンク

Introduction

厳しい条件が求められる
ロケットの開発から生まれた
次世代複合材容器。

世界で気候変動への具体的な対策が求められている今、環境への負荷が大きいとされるCO2の削減は最も重要な課題であり、脱炭素化に向けて、再生可能エネルギーや水素の利活用と社会実装に向けたシステム、インフラの整備が求められています。このエネルギーシフトの実現には、燃料そのものの製造技術とともに、水素をはじめとしたクリーン燃料を安全かつ効率的に輸送、貯蔵できる複合材タンクが重要なファクターとなります。

SPACE WALKER は、有翼再使用ロケットの開発を手掛け、カーボンニュートラルな液化メタンをロケット燃料として採用しています。
さらに、ロケットにおけるタンクは重要なキーコンポーネントであり、タイプIVと呼ばれる樹脂ライナーに炭素繊維をワインディングした超高圧気蓄器と、タイプVと呼ばれるライナーレスの複合材製の極低温推進薬タンクを開発しています。宇宙輸送においてタンクは全体のロケット重量に大きく影響するため、安全性はもとより、タンクの軽量化や貯蔵効率、耐圧、強度などとくに厳しい条件が求められます。

ロケットの開発から生まれたタフなSW複合材容器(SW COMPOSITE PRESSURE VESSEL)は、水素をはじめとしたクリーン燃料およびエネルギートランジッションによる多様なエネルギー原料の輸送、貯蔵を可能にするとともに、
モビリティー領域の低炭素、脱炭素実現に寄与するプロダクトとして、宇宙の未来、地球の未来へ貢献していきます。

Future

Bringing SpaceTech to Earth 宇宙で。地球で。未来を担うタンクは活躍の場を拡げます。

宇宙で。地球で。
未来を担うタンクは
活躍の場を拡げます。

地球のカーボンニュートラル実現に向けて、環境にやさしく多様なエネルギー原料を貯蔵、輸送するとともに、宇宙開発および宇宙空間におけるエネルギーの貯蔵を行う次世代タンクで、宇宙と地球、双方に貢献していきます。

  • 研究開発・POC(単層・二層 LH2、LNG、LOX)
     ※自社ロケット搭載
  • 受託開発 陸・海・空・宙(2022〜)
     ※自社ロケット搭載
  • 設置用・KHK許認可取得
     量産開始(2023〜)
  • 移送用・KHK許認可取得
     量産開始(2024〜)
  • 単層構造の販売(2025〜)
     ※他社ロケット等
  • 二層構造・KHK許認可取得
    販売開始(2027〜)
     ※陸海空移送・貯蔵用
  • 規制緩和 45MPaから95Mpaへ
  • 経済産業省 水素基本戦略
    (2050カーボンニュートラル)
  • 水素ステーション:1000箇所
    FCV:80万台
    エネファーム:530万台
  • 経済産業省 水素基本戦略
    (2050カーボンニュートラル)
  • GSリプレイス:31,500箇所
    乗用車リプレイス:6,200万台
    5,300万世帯普及
CONTACT

CONTACT

サービスに関するお問い合わせは、
こちらからお問い合わせください。